いつかの花が咲くまでに

発売日
2022.7.14
発行元
一迅社
あらすじ
高校生の湊には、最近気になる人がいる。
分厚いメガネで素顔を隠した、
美術教師の雨夜。
湊がこっそり学校の花壇に植えた花に
水をやっているのを見て以来、
好奇心から話しかけるように。
教師らしからぬざっくばらんな雨夜を知るたびに、
どこか心惹かれていく湊だったが――…。
眼鏡のレンズに度が入っていないこと、
隠した素顔がハッとするほど綺麗なこと、
極端に近づきすぎると離れていく
雨夜の素が知りたくなって…。

息をひそめて、恋を 下

発売日
2021.2.15
発行元
一迅社
あらすじ
想いを通わせた和志と慧司は、
慧司の大学進学をきっかけに一緒に暮らすことを決める。
引っ越し当日、荷解き中にイチャついていると
手伝いに訪れた母親にキスしているところを見られてしまう…
言い訳もできない状況に、けれど慧司は落ち着いていて――?
弟が何を考えているかわからなくなり、
家を飛び出した和志は…。

息をひそめて、恋を 上

発売日
2021.2.15
発行元
一迅社
あらすじ
和志と慧司は年子の兄弟。
幼い頃から優秀で、仲の良かった二人。
しかし、兄・和志の中学受験失敗をきっかけに
二人の関係は変わってしまう――。
自分を軽蔑するような慧司の視線に
ひどくショックを受けた和志は慧司を避けるように…。
それ以来、顔を合わせるたびに嫌味を言ってくる慧司。
けれどある日、和志がうたた寝をしていると、
慧司がなぜかキスをしてきて――?
近いからこそ見えなくなっていく、お互いの気持ち…。

Ωの兄は暴かれたい

発売日
2020.6.15
発行元
一迅社
あらすじ
優秀なα一家から生まれたΩである清春は、弟である彰久を愛していた…。
誰にも言えない思いを抱えたまま日々を過ごす清春だったが、
大学進学をきっかけに彰久が上京してくることに。
一人暮らしをしている家に来たいという彰久を拒み続けるも、
発情期をきっかけに部屋に入られてしまう。
そこには清春のもうひとつの秘密があって…

いつだってあまい

発売日
2019.6.13
発行元
一迅社
あらすじ
「弟の好きな人が、俺の好きな人。」
双子の弟・晴海にお願いされ一週間入れ替わって生活することになった夏生。晴海がそんな突拍子もない事を言い出した理由とは…。

ツイてない男

発売日
2018.8.17
発行元
一迅社
あらすじ
不運体質の昂己はその日は特にツイてなかった。後輩が盛大にミスをして尻拭いの残業。やっと帰れると思った目の前で終電が出発。極めつけは時間を潰すために入った居酒屋で出会った男と、気がつけばラブホに!?しかも身体の相性がいいからって、セフレになろうってどういうこと!?

君島兄弟の本懐

発売日
2017.7.28
発行元
一迅社
あらすじ
君島兄弟には秘密がある。それは、弟の巧は兄である輝を抱きたいと思っていること。そして、オンナに事欠かない輝が、本当は誰かに抱かれてめちゃくちゃになりたいと思っていること。輝のオンナを抱くことで間接的にでも輝と繋がっていると思い、抑え込んでいた欲望が解放されるとき…兄弟の絆が狂い出す。

息もできない、恋を

発売日
2016.7.15
発行元
一迅社
あらすじ
人を好きになれないゲイの央睦にとって、学生時代からの腐れ縁である耀一はただ一人のセックスをしない普通の友だちだった。それなのに泥酔した耀一にフェラをされ、その上「えっちもする普通の友だち」になろうと持ちかけられて――!?

ヒモ男と不憫なボク(全2巻)

発売日
2015.7.10/10.15
発行元
一迅社
あらすじ
イケメンってこんなに押しが強いものなの…!?
冴えない人生を送る高橋優一郎が雨の日に拾ったのは、自分とは住む世界が違う超イケメン!!!押し切られるまま部屋にあげ、風呂を貸し、ベッドを貸し――なぜかそのまま住みつかれて…!?

息をひそめて、恋を

発売日
2015.3.16
発行元
一迅社
あらすじ
和志と慧司は年子の兄弟。幼い頃から優秀で、仲の良かった二人。しかし、兄・和志の中学受験失敗をきっかけに二人の関係は変わってしまう――。
自分を軽蔑するような慧司の視線にひどくショックを受けた和志は慧司を避けるように…。それ以来、顔を合わせるたびに嫌味を言ってくる慧司。けれどある日うたた寝をしていると何故か慧司がキスをしてきて――?

きっと恋になる

発売日
2014.8.16
発行元
一迅社
あらすじ
それは、いけない熱を持った好意だった――
智行は、3歳年上の兄、光由のことが大好きだ。だがその"好き"がどういう意味を持つか自覚し、光由を避けるようになる。大学進学とともに家を出た光由が久しぶりに実家に帰ってきたことで、智行は自分の感情を抑えることができなくなっていく…。離れないで欲しいと思うのに、自分の気持ちが相手を傷つけてしまう。お互いを想うからこそ、身動きがとれなくなる。あたたかく優しい恋のお話。

恋心オノマトペ

発売日
2014.6.26
発行元
一迅社
あらすじ
早川英人は一念発起して入った大学で志賀健吾と出会う。真面目そうな外見に最初は仲良くなれそうもないと思っていたが、一緒にいるうちに健吾が好きになっていく英人。寄った勢いで押し倒そうかと迷っていると、健吾のほうから押し倒してきて…。
大切なものを見つけたからこそ、しあわせが怖くなる。正反対なふたりが見つける、本当のしあわせの形。ゆっくりと育つ恋。一冊に。